森のくまさん パーマ大佐 歌詞

出典 ナタリー

 

自称、第2のピコ太郎ことパーマ大佐(マックスうざい)が、12月7日に「森のくまさん」のCDでメジャーデビューしました!

 

ウクレレを片手にくせ毛のようなパーマ頭が印象的なパーマ大佐。実はこの森のくまさんの歌詞も面白いと話題になっています。

 

パーマ大佐ってどんな人なのか?

話題の歌詞はどんなの?

 

についてまとめています。

 

Sponsored Link

 

 

パーマ大佐の家族や姉は音楽のプロフェッショナルだった

パーマ大佐のプロフィールから紹介します。

 

本名:國土 郁音(こくど いくと)
生年月日:1993年8月26日(22歳)
出身:埼玉県北本市
血液型:B型  身長:172cm
芸風:漫談
特技:ボイスパーカッション、縦笛、ウクレレ

 

芸名は、出身地の北本を入れたかったらしいのですが、うまくいかず。そこで、埼玉を逆から読んだ「またいさ」に、自分が天然パーマなのでパーマをくっつけて、「パーマ大佐」になりました。

 

 

さらに、「マックスうざい」の名前でYouTuberとしても活躍しています。ちなみに「マックスうざい」はマックスむらいさんのパロディです。

 

面白いのは、芸人「ベイビーフロート」のにしやんことデカキン(こちらもHIKAKINさんのパロディ)TVにも出演しちゃってます。
お二人とも、芸人とYouTuberとして二足のわらじを履いて頑張ってるんですね。

 

 

デカキンの歌

 

 

それでいて、パーマ大佐のお宅は音楽一家。だからパーマ大佐のウクレレの腕前も凄いのです。

 

ご両親はともに東京芸大出身。お父さんは声楽科を出て音楽評論家、お赤さんはピアニスト。お姉さんはシンガーソングライターや作詞家として活躍してます。

 

そういう家族環境から、パーマ大佐は、2歳から小学校6年までピアノを毎日6時間弾くという英才教育を受けていたんですよ。でも、小学校6年生の時に辞めてしまいました。

 

しかし、ピアノの腕前は一流ですよ。こちらの「格好いいドレミの歌」を見るとよ~くわかります。

 

パーマ大佐 格好いいドレミの歌

 

 

Sponsored Link

 

 

 

森のくまさんのパーマ大佐の歌詞は?

森のくまさんのミュージックビデオも面白いですよ。なんと、お嬢さん役が鈴木奈々さんで、熊役は上島竜兵さん。

 

まずは面白いので、見てください。

 

パーマ大佐 – 「森のくまさん」 ショートver.

 

で、実際の歌詞は先程の動画を見ていただけるとわかると思いますが、興味深いところを抜粋しますね。

 

一人ぼっちの私を強く抱きしめた熊

初めての温もり体中に染み込んで
心地よくて流す涙 だけど信じちゃダメなの
人に言えない過去がある

 

『そんな君の過去どうでもいい』と奪われた唇
初めてお嬢さん心開いた

 

君を愛する者がいる限り 走れ突き進め 振り返るな
過去は過去 今の君は変わった 俺が守るから…

 

この世界観はわかるようなわからないような・・・

 

TVの恋愛やスポ根ドラマの影響をすごく受けてるみたいな(笑)

 

ちなみにこの作詞は、お姉さんと一緒に考えたそうです。

 

 

 

第2のピコタローと自分で言ってるパーマ大佐、しばらく目が離せません(笑)

 

個人的にはイケメン好みなのですが、音楽のセンスがイケてるところがいいね~!

 

Sponsored Link